私立幼稚園経営.com

Just another WordPress site

2017年6月6日 6:44 PM

認定こども園における組織マネジメントの課題

マネジメント, 新制度

こんにちは。

船井総研の島崎です。

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////

【最新セミナー情報】 私立幼稚園向け認定こども園移行ノウハウ大公開セミナー
2017年6月14日(水)大阪会場、2017年6月20日(火)東京会場
http://www.funaisoken.co.jp/seminar/019664.html

昨年100法人近くの理事長・園長にご参加いただいた
大好評セミナーを今年も開催させていただきます。

認定こども園への移行特例期間は平成31年度までとなっています。
もし、施設整備費補助を受けての移行を検討されている方は、
今年度7月が最後のチャンスになる可能性が高いです。

移行をご検討中の方は、ぜひご参加ください。

東京会場、大阪会場それぞれ限定30席のご案内となります。
ご参加をご希望の方は、お早目のお申込をお願いいたします。

////////////////////////////////////////////////////////////////

 

本日は2件のコンサルティング。

 

認定こども園に移行された園の多くは、組織マネジメントに課題を持つようになります。

 

・職員数が単純に増加する(組織規模の拡大)

・勤務体系が若干変化する(シフト制の導入)

・環境の変化により一時的に業務負担が増加する(事務作業内容の変化)

 

これらが主たる原因となっているケースが多いですが、

悪化してしまうと、場合によっては、職員の不平不満が増えてしまいます。

 

たとえば、

 

「0~2歳を担当する職員はシフトどおりに帰ることができるのに、3~5歳を担当する職員は時間通りに帰れない」

 

というような不平・不満が挙がりやすくなります。

 

もちろん、勤務形態の仕組みからいえば、3~5歳の職員は夏休みなどの長期休暇があったりして、年間トータルの勤務時間で言えば大きな差がないのが実態だと思います。

 

ただ、これを職員にきちんと説明しない限りは、なかなか理解していただくのは難しいです。

 

ですので、認定こども園に移行してからは、今一度職員に対して、

「あなたの勤務形態はこうだから、こういうような働き方をしてもらいますよ」

といった説明を丁寧に行った上で、職員の納得を得て運営をしていく必要性があります。

 

その上で、やはりこれまでの幼稚園としての働き方はこれからの時代を考えると、

改善したほうがよい部分は大いにありますので、

一方で「働き方改革」を進めていき業務効率化を進めていくことが大事でしょう。

 

 

 

■「マネジメント, 新制度」カテゴリの最新記事