私立幼稚園経営.com

Just another WordPress site

2015年6月13日 8:11 PM

低年齢児との関わりを作る

募集戦略, 未就園児教室

こんにちは、いつもありがとうございます。

船井総研の島崎です。

 

お付き合い先の幼稚園様では、

今年度から0歳児向け未就園児教室をスタートさせています。

 

幼稚園の園児募集の歴史を考えると、

また、今後の時流を踏まえると

幼稚園における低年齢児とのかかわりは必須になってきます。

 

3年保育の募集を充実させるための2歳児未就園児教室

2歳児未就園児教室を充実させるための1歳児、及び0歳児未就園児教室

常に次のステップを提案するためのつながりを作っていく必要があります。

 

なぜ、低年齢児との接点が必要なのか?

 

それは、ターゲットを付加する必要があるからです。

これまでの幼稚園のメインターゲットは、

「3歳児以上の子どもを持つ、専業主婦世帯」

でした。

 

もちろん、幼稚園という枠で考えれば、

今後もここがメインターゲットであることには変わりありません。

 

しかし、最近は共働き比率が高まっています。

国として、減少していく生産人口(主に男性ですが)をカバーするには、

本格的に女性の社会進出が必要となります。

 

そうすると、専業主婦世帯が減って共働き世帯が増えていきます。

つまり、幼稚園としてのメインターゲットが減少してしまうわけです。

 

その減少してしまった分のターゲットを

新たに付加していかなければなりません。

ここに低年齢児とのかかわりを増やしていく必要性が生まれるのです。

 

 

———————-私立幼稚園向けの経営ノウハウを定期的にお届けしします!

【新時代幼稚園経営メルマガ】毎月2回配信

登録はこちら→ https://www.funaisoken.co.jp/page.jsp?id=160846

 

———————-私立幼稚園向けの経営勉強会が好評開催中です!

【新時代幼稚園経営研究会】

詳細はこちら→ http://www.funaisoken.co.jp/site/study/100653.html

■「募集戦略, 未就園児教室」カテゴリの最新記事