私立幼稚園経営.com

Just another WordPress site

2015年12月6日 6:17 PM

長所伸展!

募集戦略, 未就園児教室

皆様、いつもありがとうございます。

船井総研の島崎です。

 

金曜日は2件のコンサルティングでした。

1件目は埼玉県の幼稚園さま。3年ほどお付き合いをさせていただいている、私の大好きな幼稚園さまです。

募集結果がおおよそ固まってきました。

昨年と比較して3年保育の募集は上向いてきました。0・1歳向け親子教室を付加したことによる結果がようやくでてきたようです。

 

ただ、2年保育の人数が減少傾向なので、来年度の園児数は減少することになります。

傾向として2年保育は少なくなってきているので仕方のない部分もありますが、法人全体の収入としては下がってしまうので、対策を練らなければなりません。

 

また、こちらの園ではアフタースクールも展開されており、今年から説明会のスタイルを若干変更しました。

より取り組み内容が伝わる説明会を意識したところ、例年の2倍近くの入会者となりました。

今後は、高価格帯のコースを設定し、粗利MIXの考え方でアフタースクール単体での収益化を目指します。

 

2件目は東京の幼稚園さま、来年度からの募集力を高めるための戦略立案です。

来年から0歳児向けの親子教室を立ち上げるため、そのプログラムの企画が主でした。

打ち合わせの結果、園長先生の趣味を活かしたプログラムが出来上がりました。子育てママに喜ばれそうな内容で、すぐに口コミが広がりそうです。これが立ち上がれば園の認知度は飛躍的に高まることでしょう。

まだまだ、準備すべきことは多いですのが、園長先生にはすごく前向きに取り組んでいただけそうです。園長先生の趣味を活かした形で親子教室を始められそうなのが大きいのかもしれません。何事も長所伸展を大切にすることで、取り組みのスピードは一気に加速するようです。

来年4月からのスタート予定ですが、いまからすごく楽しみです。

 

2015年12月4日 8:51 AM

効率的な募集活動を行うために意識すべきポイント

プロモーション, 募集戦略

皆様、いつもありがとうございます。

船井総研の島崎です。

 

昨日は関東の学校法人様とお打ち合わせでした。

こちらでは小学生向けの習い事施設を展開されており、そこの児童数アップに向けた広報戦略を立案しております。

 

いわゆる募集活動では以下の3つのポイントを効果的に回していくことが大切です。

1.認知

2.体験

3.共有

それぞれを少し具体的に説明します。

1.認知

園名など施設の存在、名前を知られているかどうかということもそうですが、それよりも「どんなことを取り組んでいるのか?」を知ってもらうことが大切です。

まずは、「あそこではこんなことやってくれるよね!」という認知を高めていくことを目指します。

そのための情報発信を強化していきます。

 

2.体験

認知度を高めることによって興味を持った保護者や子どもたちが、実際に足を運べる機会を設けます。

現在はネットの影響で、大量の情報が簡単に手に入りますが、そういった様々な情報の中で、保護者が最も信頼すべき情報は、おそらく実体験でしょう。

ですので、体験してもらうことで、我々の教育内容をしっかりと理解してもらい、入園(あるいは入会)してもらえるようにしていきます。

 

3.共有

すでに自園(あるいは自法人)とかかわりのある保護者が、同年代の子どもを持つ保護者に、自園や自法人の紹介をしてくれたとすると、募集活動は飛躍的に楽に、かつ磐石になります。

いわゆる口コミと呼ばれるものです。

最近は、SNS(ソーシャルネットーワーキングサービス、フェイスブックなどのこと)がネット上での口コミの役割を担うようになりました。

ここでの保護者間の情報の共有を促進することで、自園や自法人で積極的な情報を発信しなくても、口コミによって保護者が自然と集まる状態を作り出すことも考えていかなければなりません。

※語弊のないように、補足させていただくと、共有フェーズに入ったとしても「情報発信をしない」という訳ではありません。

あくまでも、自園、自法人からの発信はしていかなければなりませんが、発信した情報が効率的に保護者の間で広まることを狙うという意味合いです。

 

以上、少しでも参考にしていただければ幸いです。

 

 

2015年12月2日 7:14 PM

園舎・園庭を北欧風に!

新制度

本日は社内での打ち合わせでした。

 

船井総研でお付き合いさせていただいている設計・施工会社さまと

ある幼稚園さまの園舎・園庭整備に関する打ち合わせを実施しました。

 

この幼稚園さまは平成29年度からのこども園化に向けて、来年度、保育施設を新設されます。

理事長のご意向で、北欧風の園舎・園庭に仕上げたいとのことで、

本日の設計・施工会社さまとのお打ち合わせに至りました。

 

このようにご協力いただける関係会社様に恵まれているからこそ、

私たちが一層コンサルティングをさせていただきやすい環境になっております。

改めて、感謝です。

 

さて、こども園化に伴って園舎の整備を実施される幼稚園も多いと思います。

園舎が全てではないですが、やはり多大なる資金をかけて整備するので、

しっかりとコンセプトを落とし込んで、良いものを作っていただいた方が絶対にいいです。

まだ来年の事業なので先の話ですが、北欧風の施設が建つのがいまからとても楽しみです。

 

 

ここからは余談ですが、、、

ありがたいことに毎日全国の幼稚園へお伺いすることが多いため、実はあまり東京にはおりません。笑

本日は久しぶりに東京におりましたが、街中を歩いていると、「もう年末なんだな~」と感じることが多いですね。

街行く人の服装、店頭のPOP、ディスプレイ、イルミネーション等々・・

 

少しだけ浮き足立ちたい気分にもなりますが、

気持ちをきっちりと引き締め、年内最後まで走りきります!

 

 

2015年12月1日 7:38 PM

新時代幼稚園経営研究会11月度例会!

マネジメント

いつもありがとうございます。

船井総研の島崎です。

 

先日の土曜日は新時代幼稚園経営研究会でした。

年内最後となった定例会では、

年度末に実施していただきたい、

二次募集対策とマネジメントについてお話をさせていただきました。

 

年度内は組織固めの絶好の時期です。

募集活動も落ち着き、来年度に向けて振り返りと目標設定が

比較的しやすいタイミングになります。

 

マネジメントにおいては、

組織内での信頼関係を築くことと、

職員のニーズを理解することが大切です。

 

組織内で信頼関係を構築するには、理念や目標の「共有」が必要です。

その先に「共感」があります。

 

組織としては、この「共有」と「共感」が循環することが求められます。

つまり、組織→個人の場合は「共有」→「共感」がポイントです。

 

一方で職員一人ひとりの個人にフォーカスを当てた場合、まずは「共感」が必要です。

「共感」なきままに「共有」を行うとそれは、「理念の押し付け」になりかねません。

 

日々、職員への「共感」を意識して、年に一度は理念を「共有」を実践することで、

更なる共感が醸成されるのです。

 

さて、定例会終了後には、懇親会も実施しました。

だいぶ盛り上がり、気づけば5時間近くも経っていました。

会員の皆さんともゆっくりとお話させていただくことができ、

来年度の研究会のヒントも数多く見えてきました。

 

ご参加いただいた会員の皆さん、遅くまで本当にありがとうございました!

来年度の定例会でも、どうぞよろしくお願いいたします!!

 

 

2015年8月6日 9:58 PM

幼保連携型認定こども園の分園

新制度

皆様、いつもありがとうございます。

船井総研で、主に私立幼稚園様のコンサルティングをさせていただおります島崎と申します。

 

<私立幼稚園向けの経営勉強会 はじめました!>

募集や新制度など、幼稚園経営に関する多くの課題を

多くの理事長先生、園長先生とともに解決していく場です。

1法人様1回に限って、9月度の例会に無料でお試し参加いただけます。

<<<新時代幼稚園経営研究会>>>

サイトページ:http://www.funaisoken.co.jp/site/study/100653.html

 

 

本日は九州地方の学校法人様のコンサルティングでした。

2園の幼稚園をお持ちですが、
そのうちの1園を新制度へ移行させようと考えています。
様々なパターンを模索していますが、園庭のスペースの問題があります。

新たに3号部分を付加するには、別の土地で園舎を構えなければならないため、

小規模保育や幼保連携型の分園として、駅前に開設できないかと検討しています。

 

本日は理事長先生とともに、自治体の子育て課へ訪問し、こちらの意向を伝えてきました。

こちらの地域では開発が進んでいることもあり、市の人口が微増傾向にあります。

 

待機児童もかなり多く、入所待機で180名程度、潜在待機も含めると500名程度います。

 

小規模保育の提案も通りやすい!

 

と思っていたのですが、役所としては、認定こども園の方が優先順位が高く、

小規模保育は現時点では検討していないとのこと。。

 

では、幼保連携型の分園としてテナント型の小規模の保育園を開設するのはどうかと提案したところ、

意外とすんなり通りました。

あとは県庁へのお伺い次第で、実行に移せそうです。

 

ただ、距離が離れている分、

分園として扱ってもらえるかがポイントになりそうです。

 

 

 

2015年8月4日 9:31 PM

包み込み戦略とニッチトップ戦略

募集戦略, 新制度

皆様、いつもありがとうございます。

船井総研の島崎です。

 

<私立幼稚園向けの経営勉強会 はじめました!>

募集や新制度など、幼稚園経営に関する多くの課題を

多くの理事長先生、園長先生とともに解決していく場です。

1法人様1回に限って、9月度の例会に無料でお試し参加いただけます。

<<<新時代幼稚園経営研究会>>>

サイトページ:http://www.funaisoken.co.jp/site/study/100653.html

 

 

本日は盛岡の学校法人様へ。

こちらの法人さまは高等学校と幼稚園を展開されています。

 

幼稚園においては、食育や職員研修への注力、

また保護者満足度を高めるためのコミュニケーション頻度にも気を配られています。

この地域内では、圧倒的なブランド園です。

 

そのため、定員370名の大規模園ですが、

満員で現在も途中入園の希望者が多数いらっしゃいます。

 

地域に選ばれるために、様々な取り組みをされています。

その結果として、市場性に左右されず、規模を維持し続けられています。

 

このように規模を維持し続けていると、法人としては体力が強くなります。

特に、下記3点においては、絶大な力を持つことが可能です。

 

 

・投資
・人財
・ブランド(認知)

 

これら3点において、他の競合園よりも優位に立つことができます。

 

縮小していくマーケットの中で、

特に幼稚園を経営している学校法人は、

0歳~12歳のこどもたちにおける教育、および福祉分野で、

どのように事業領域を拡大していくのかが求められます。

 

この経営戦略を立案していくには、

やはりある程度の法人規模であることがどうしても求められてしまいます。

 

これが、強者による包み込みの戦略です。

「地域一番園」と呼ばれる幼稚園さまでは、このロードマップを組み立てることが必要です。

 

逆に、現時点ではまだ「地域一番園」とはいかない幼稚園さまはどのように経営戦略を組み立てるのか。

それは、「ニッチトップを目指す」ことがキーワードです。

 

総合化でかなわない場合は、

自園の優れている部分のひとつを徹底的に伸ばしていきます。

それが教育内容なのか、利便性なのか、幼稚園ごとに内容は違いますが、

何かひとつを際立たせることで、その部分だけにおいては、

他園の追随を許さない状況を作りだす必要があります。

 

ぜひ、ご検討ください。

 

 

2015年7月28日 8:12 PM

施設型給付と私学助成

新制度

いつもありがとうございます。

船井総研の島崎です。

 

<私立幼稚園向けの経営勉強会 はじめました!>

募集や新制度など、幼稚園経営に関する多くの課題を

多くの理事長先生、園長先生とともに解決していく場です。

1法人様1回に限って、9月度の例会に無料でお試し参加いただけます。

<<<新時代幼稚園経営研究会>>>

サイトページ:http://www.funaisoken.co.jp/site/study/100653.html

 

 

本日は都内の幼稚園様のコンサルティング。

募集活性化のご支援をさせていただく中で、

新制度移行に関するお手伝いもさせていただいております。

 

幼稚園業界における新制度への関心は、

こども園化がひとつ大きなテーマとなっていますが、

施設型給付の幼稚園という選択肢もあります。

 

施設型給付幼稚園は、

私学助成幼稚園と大きく変わりません。

なぜなら幼稚園だからです。

 

これまでの補助(私学助成)が、

別のお財布(施設型給付)から渡されるようになる、

という違いだけです。

 

教育方針や教育内容などはこれまで通りでよいわけです。

 

園の規模によっても異なりますが、

移行することで園としての収入が多くなる可能性があります。

収入だけで移行を判断するのは間違いだと思いますが、

結果的に増えた収入を子どもたちに還元していくのであれば、

すばらしいことだと私は思います。

 

私学助成の自由さを活かした独自の経営路線を描くのか、

施設型給付を活用して収入増を図り、園の魅力を高めていくのか。

 

 

自治体が来年度予算を都道府県に申請する10月までに

改めて方向性を見定めていただければ幸いです。

 

 

2015年7月28日 1:29 PM

園庭スペースの問題

未分類

いつもありがとうございます。

船井総研の島崎です。

 

私立幼稚園向けの経営勉強会 はじめました!

募集や新制度など、幼稚園経営に関する多くの課題を

多くの理事長先生、園長先生とともに解決していく場です。

1法人様1回に限って、9月度の例会に無料でお試し参加いただけます。

<<<新時代幼稚園経営研究会>>>

サイトページ:http://www.funaisoken.co.jp/site/study/100653.html

 

 

 

 

昨日は福岡県の幼稚園様のコンサルティングでした。

こちらの法人さまは幼稚園を2園経営されており、

その2園におけるこども園化可否判断プロジェクトのご報告でした。

 

結論としては、幼保連携型認定こども園への移行が望ましく、

将来的な人口動態分析から理想的な利用定員の設定を行いましたが、

保育所部分の定員に求められる園庭スペースが足りないことがわかりました。

 

こども園化するにあたっては、この園庭の問題が出てきてしまいます。

 

そのため、こちらの法人様では、

小規模保育を別の地域で実施して、

連携施設として本園と提携する方向性でまとまりました。

 

 

上手くいけば既存の私学助成から1号・2号を設定するこども園化し、

かつ2号の比率を高めることで、

園としての収入も上がり、園庭の問題もクリアして

新制度へ移行することができます。

 

来月に自治体へ訪問し、こちらの意向を伝えますが、

小規模の提案が通ることを祈るばかりです。

 

 

2015年7月10日 8:03 PM

施設整備補助金

新制度

いつもありがとうございます。

船井総研の島崎です。

 

今年度のこども園にかかわる施設整備の補助金ですが、

皆様は既に確認されているでしょうか?

 

全国的に昨年度と比較して大幅に削減されています。

額としては、大きいところで半減しています。

併せて補助率も下がっています。

これまでは3/4補助で法人負担が1/4程度でしたが、

幼保連携型認定こども園においては2/3補助、

幼稚園型においては1/2補助になっています。

 

昨年度から今年度にかけて、

全国的に認定こども園化が進んだことにより

財源の確保が難しくなったのでしょうか。

 

これまでは、類型によって補助率が変わることは原則なかったのですが、、

国としては、明らかに幼保連携型を進めていますね。

 

平成28~29年度にかけて、

多くの幼稚園が認定こども園に移行することになりますが、

補助率の違いから類型を見直す法人も出てくることでしょう。

 

それによっては資金計画に大きな違いが生じてきます。

 

 

来年度、あるいは再来年度にかけて認定こども園化を

検討されている理事長先生は、

改めて自治体に補助金について確認されることをおすすめします。

 

 

 

2015年7月2日 6:05 PM

入園説明会7つの神器

プロモーション

いつもありがとうございます。

船井総研の島崎です。

 

最近のコンサルティングでの取り組み内容として

入園説明会に対する準備が徐々に増えてきています。

 

地域によって、願書配布のタイミングは違いますが、

概ね10月以降に配布を迎える幼稚園がほとんどだと思います。

 

そのための入園説明会は9月に実施することが多いかと思いますが、

少しでも入園率を高めるための準備をいまから淡々と進めていくわけです。

 

その中でも大切にしているのが、

「入園説明会7つの神器」です。

これは、入園説明会での入園決定率を

少しでも高めるために必要となる演出ツールです。

 

7つの神器とは具体的には以下のツールのことを指しています。

 

1.園内マップ

2.教育効果POP

3.製作解説POP

4.成長エピソード冊子

5.先生紹介ボード

6.未就園児教室の紹介

7.成長の喜びの声冊子

 

これらのツールに共通しているのは、

「園に根付く、教育への理念や考え方を

少しでも保護者に見えるようにする」

ということです。

 

どうしても教育への理念や考え方は、

口頭で説明しようとしても

相手に伝えるには限界があります。

 

そこを少しでも「見える化」して、

幼稚園として保護者に伝えたい内容を

的確に伝えていくための努力が必要となります。

 

皆さんの園において、

このようなツールを保護者に見せていないという場合は、

ぜひ作成を検討してみてください。